スマートなのに大容量…コクヨのランドセルリニューアル

 コクヨは2020年4月1日、従来よりも収容力をアップしたランドセル(ベーシックモデル)を発売する。カラーバリエーションは6種。1月15日より、コクヨの2021年モデルのランドセル全品を掲載したカタログの申込みを受け付けている。

教育・受験 未就学児
「ランドセル(ベーシックモデル)」の特長
「ランドセル(ベーシックモデル)」の特長 全 9 枚 拡大写真
 コクヨは2020年4月1日、従来よりも収容力をアップしたランドセル(ベーシックモデル)を発売する。カラーバリエーションは6種。1月15日より、コクヨの2021年モデルのランドセル全品を掲載したカタログの申込みを受け付けている。

 近年、授業時間の増加や衛生意識の高まりにより、小学生の手荷物は増加傾向にあるが、特に給食袋や水筒など不定形の物はランドセルに入り切らないことも多い。両手が荷物でふさがっていると転倒時に手をつけずに危険であるという声を受け、コクヨはこれまで以上に収容力を高めたランドセルを開発した。

 2021年モデルのランドセル(ベーシックモデル)は、大マチのタテ幅を従来品の135mmから145mmに拡大。あまり使われていないポケットをスリム化することで大容量でありながらスマートさを実現し、荷物の出し入れもしやすくした。大マチのヨコ幅は約235mmで、A4フラットファイルにも対応している。

 カバン本体と肩ベルトをつなぐ背カンには「フィットちゃん」を新たに採用し、肩ベルトもやわらかくするなど、背負い心地にも配慮した。

 カラーバリエーションは、グランブラック(ステッチ色グレー)、グランブラック(ステッチ色ブルー)、コズミックネイビー、キャラメルブラウン、プリンセスピンク、ロイヤルスカーレットの6種を用意。価格はオープン。カタログの請求はコクヨ ランドセルWebサイトの申込みフォームより受け付けている。

◆コクヨ ランドセル(ベーシックモデル) 
発売予定:2020年4月1日(水)
メーカー希望小売価格:オープン価格

《勝田綾》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集