データの可視化から新たな気付きを得る、福島県新地町の取組み

 2020年3月10日に文部科学省・総務省がオンライン開催した「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム(成果報告会)」のパネルディスカッションから「福島県新地町」の事例を紹介。

教育業界ニュース 文部科学省
福島県新地町の事例報告
福島県新地町の事例報告 全 1 枚 拡大写真
 2020年3月10日に文部科学省・総務省がオンライン開催した「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム(成果報告会)」のパネルディスカッションから「福島県新地町」の事例を紹介する。なお新地町からは新地町教育委員会指導主事 千葉正俊氏、新地町立新地小学校教諭 橘理沙氏の両名が発表者として登壇した。

復興から創生に向かう新地町を担う人材の育成



 福島県の浜通り最北部にある新地町。人口8,150人、公立学校は小学校3校、中学校1校の計4校、児童生徒総数は約650名となっている。

リシードで全文を読む

《佐久間武》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集