ナイキがデザインしたスポーツパーク10/10オープン

ナイキジャパングループは、三井不動産レジデンシャルと共同で、新しいデザインコンセプトのスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART(トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポ―テッド バイ スポーツ バイ アート)」を10月10日(土)にオープンする。

趣味・娯楽 その他
ランニングや3×3などが楽しめる!ナイキがデザインしたスポーツパークがオープン
ランニングや3×3などが楽しめる!ナイキがデザインしたスポーツパークがオープン 全 3 枚 拡大写真
ナイキジャパングループは、三井不動産レジデンシャルと共同で、新しいデザインコンセプトのスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART(トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポ―テッド バイ スポーツ バイ アート)」を10月10日(土)にオープンする。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」は、すべてのアスリートが気軽にスポーツを日常化でき、コミュニティと共にスポーツの新たな体験を生みだす新しいデザインのスポーツパークだ。パークのデザインはナイキが担当。インクルーシブデザインを取り入れた設計となっており、子どもから大人、スポーツの経験やスキル、障がいの有無に関係なくストレスなくスポーツを楽しめる。

パークは、ランニングできるCORTEZ TRACK(コルテッツ トラック)、様々なスポーツを楽しむことができるWAFFLE TRAINER SQUARE(ワッフル トレーナー スクエア)、立体ジャングルジムのACG ADVENTURE(エーシージー アドベンチャー)、バスケットが楽しめるAIR RAID COURT(エア レイド コート)、スケートボードが楽しめるSB DUNK SKATEPLAZA(エスビー ダンク スケートプラザ)、エリアを一望できるAIR MAX TERRACE(エア マックス テラス)の6つのエリアで構成している。

クラブハウスには、シャワーやロッカールームを設置。段差がなく、勾配角度5%未満にしたバリアフリーデザインも取り入れているため、パーク内を車いすでも移動できる。ランニングトラック、バスケットボールコート、広場などのフロア素材には、ナイキ製品の製造工程で発生する廃材や使用済み製品を再利用したNike Grind(ナイキ グラインド)を使用している。

所在地は、東京都江東区豊洲6丁目4-1。営業時間 平日15:00~21:00(最終受付20:00)、土日祝日10:00~21:00(最終受付20:00)。利用時はNIKEアプリから事前登録を行う。

ランニングや3×3などが楽しめる!ナイキがデザインしたスポーツパークがオープン

《美坂柚木@CycleStyle》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集