ゆりかもめ7200系が引退…初代車両のVVVFインバータ版

東京都の新橋駅(港区)と豊洲駅(江東区)を結ぶ、東京臨海新交通臨海線(臨海線)を運営するゆりかもめは10月15日、7200系が10月14日を最後に引退したことを明らかにした。

趣味・娯楽 その他
運行最終日の7200系。5編成が最後まで残ったが、7500系に後継を譲った。
運行最終日の7200系。5編成が最後まで残ったが、7500系に後継を譲った。 全 2 枚 拡大写真
東京都の新橋駅(港区)と豊洲駅(江東区)を結ぶ、東京臨海新交通臨海線(臨海線)を運営するゆりかもめは10月15日、7200系が10月14日を最後に引退したことを明らかにした。

同車は1999年2月から運行を開始。臨海線新橋~有明間開業時の1995年11月に運行を開始した初代車両7000系の4~6次車とされたが、VVVFインバータ制御が採用されたことなどから7200系として区別。2005年までに6両編成8本が登場した。

先行の7000系は、2014年1月に7300系が運行を開始した後の2016年までに18編成全車が引退。7200系は、2018年11月に7500系が運行を開始した後に4次車3編成が引退。2001年2月に運行を開始した5次車3編成、2005年7月に運行を開始した6次車2編成が最後まで残り、ラストランを迎えた。

ゆりかもめの7200系が引退…初代車両7000系のVVVFインバータ版

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集