すららと導入校が語るEdTech活用「自己調整学習とアクティブラーニング」11/22

 すららネットは2020年11月22日、「未来の先生フォーラム2020」内にて、オンラインセミナー「EdTechが誘う自己調整学習とアクティブラーニングの世界」を開催する。参加するには「未来の先生フォーラム2020」への事前申込が必要。

教育イベント 先生
すららと導入校が語るEdTech活用「自己調整学習とアクティブラーニング」11/22
すららと導入校が語るEdTech活用「自己調整学習とアクティブラーニング」11/22 全 1 枚 拡大写真
 すららネットは2020年11月22日、「未来の先生フォーラム2020」内にて、オンラインセミナー「EdTechが誘う自己調整学習とアクティブラーニングの世界」を開催する。「未来の先生フォーラム2020」に事前申込することで視聴できる。

 対象は、小学校、中学校、高等学校の教職員および教育委員会関係者。コロナショックを経て、加速度的に現実味を帯びてきた「教育現場におけるEdTech浸透」について、現場に即した具体的な実践事例を多く交えながら参加者とともに考える。デジタル学習教材の開発において15年以上にわたる実績をもつすららネットならではの見解も語られる。

 セミナーには、すららネットのほか導入校である山本学園高等学校の高橋亮氏、札幌新陽高等学校の伊原克哉氏も登壇する。EdTech活用を積極的に推進している学校のビジョンとその実現に向けての具体的な活用法について語られる予定だ。オンラインセミナー中はチャット機能を使用し、参加者からの質問を受け付ける。

 セミナーを開催するすららネットの堀込洋氏は「遠い未来ではなく、ちょっと先の未来に向けて、『今できること』のヒントになれば幸いです」と話す。

◆オンラインセミナー「EdTechが誘う自己調整学習とアクティブラーニングの世界」
日時:2020年11月22日(日)13:00~14:00
登壇者:株式会社すららネット マーケティンググループ 久保田 航氏
    株式会社すららネット 企画開発グループ 坪田 未歩氏
    山本学園高等学校 進路指導部長 高橋 亮氏
    札幌新陽高等学校 伊原 克哉氏
開催方法:オンライン会議システム「Zoom」
※あらかじめアプリをダウンロードし、サインアップ(登録)しておくことを推奨。操作に不安のある場合は、テストミーティングにてあらかじめ操作もできる。
参加費:オンラインセミナー参加に際し、未来の先生フォーラム2020への参加チケット購入が必要
 前売券1,500円
 当日券2,500円
 ※参加チケットを購入することで、未来の先生フォーラム2020内で開催されるオンラインセッションにすべて参加可能
参加方法:未来の先生フォーラム2020の参加チケットを購入のうえ、当日オンラインセミナーページの「セッション」ボタンより参加する

【要事前申込】参加チケットの購入はこちら

オンラインセミナーへの参加はこちら

《編集部》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集