TGGをVR化、双方向・新感覚の体験型英語サービス開始

 「TOKYO GLOBAL GAYEWAY」と学研プラスは、グローバルスカイ・エデュケーションと3社共同で開発したサービス「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY(バーチャル グローバル ゲートウェイ)」の提供を、2020年11月30日より開始する。

教育ICT 小学生
カフェ
カフェ 全 4 枚 拡大写真
 「TOKYO GLOBAL GAYEWAY」と学研プラスは、グローバルスカイ・エデュケーションと3社共同で開発したサービス「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY(バーチャル グローバル ゲートウェイ)」の提供を、2020年11月30日より開始する。

 「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY(以下、VGG)」は、2018年9月に東京都江東区に開業した体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」をVR化した、体験型英語サービス。「TGG」の中心的な利用者である小中高生のみならず、大学生や専門学生、企業の研修部署や一般の英語学習者も対象としている。

 「VGG」では、英語学習者が学校やオフィス、自宅にいながら、海外のカフェや飛行機機内などさまざまなシチュエーションでリアルな英語講師と出会い、双方向なコミュニケーションを通じて、実践的な英語活動や異文化を体験することができる。VR技術により、通常では経験できないことを疑似体験することができるため、より効果的に英語を学習することができる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、海外留学や対面式による英語授業の実施が困難な状況は今後も続くことが予想される。そこで、「TGG」でこれまで構築してきた実践的な体験型英語学習や異文化体験を、VR技術を活用することで再現できるサービスを開発した。

 今後は、カフェや食料品店など「TGG」内のシチュエーションに加え、留学先のキャンパスや宇宙空間、深海探索といったVRならではの異文化体験とレッスン内容を随時追加していくとしている。

《森井ゆか》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集