東京都、自殺予防対策を強化…LINE相談時間延長など

 東京都教育委員会は2020年12月11日、児童・生徒の自殺予防対策を強化すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策の影響で都内の自殺者数が増加傾向にあることから、SNS教育相談「相談ほっとLINE@東京」の受付時間を2021年3月31日まで延長して対応する。

生活・健康 中学生
東京都教育相談センター
東京都教育相談センター 全 2 枚 拡大写真
 東京都教育委員会は2020年12月11日、児童・生徒の自殺予防対策を強化すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策の影響で都内の自殺者数が増加傾向にあることから、SNS教育相談「相談ほっとLINE@東京」の受付時間を2021年3月31日まで延長して対応する。

 新型コロナウイルス感染症対策の影響で通常とは異なる状況が続く中、東京都内の自殺者数は6月以降増加傾向にある。そのため、東京都では「早期発見・未然防止」「相談体制の強化・充実」「普及啓発・理解促進」を3つの柱とした「都民の『こころと命を守る』緊急自殺予防対策」を実施。自殺予防のための支援・相談体制の強化を図る。

 取組みの一環として、東京都教育委員会は児童・生徒の自殺予防対策を強化。相談体制の一層の充実に向け、都内国公私立の中学生・高校生を対象としたSNS教育相談の受付時間を9時間延長。児童・生徒や保護者を対象とした電話相談は引き続き、24時間体制で実施する。

 SNS教育相談「相談ほっとLINE@東京」は、LINEを活用した相談窓口。これまで、午後5時から午後10時(最終受付は午後9時半)としていた相談時間について、12月14日からは午前9時から午後11時(最終受付は午後10時半)に延長して対応する。延長期間は、2021年3月31日まで。

 「相談ほっとLINE@東京」を利用するには、QRコードの読み取り、「友だち追加」ボタンのクリック、LINEアプリで「相談ほっとLINE@東京」検索のいずれかの方法により、友だち登録を行う。

 「教育相談一般・いじめ相談ホットライン」は、東京都教育相談センターによる電話相談窓口。対象は、児童・生徒、保護者。フリーダイヤル(0120-53-8288)で相談を24時間、年中無休で受け付けている。

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集