言葉を漢字1字で表し、当て合う創作漢字ゲーム「へんなかんじ」

 幻冬舎は、カードゲーム「へんなかんじ」を2021年1月28日に発売する。漢字がない言葉や、1字では表せない言葉を無理やり漢字1字で書いて、みんなで当て合うゲームで、価格は1,800円(税別)。

趣味・娯楽 小学生
へんなかんじ
へんなかんじ 全 4 枚 拡大写真
 幻冬舎は、カードゲーム「へんなかんじ」を2021年1月28日に発売する。漢字がない言葉や、1字では表せない言葉を無理やり漢字1字で書いて、みんなで当て合うゲームで、価格は1,800円(税別)。

 カードゲーム「へんなかんじ」は、与えられたお題の言葉を漢字にして表し、それを当て合うというもの。漢字の部分を組み合わせるほか、イメージや形で表現するなど創作の仕方は自由だが、必ず1字として書かなくてはいけない。創作した漢字はクイズとして発表し、ほかの人はその漢字が表す言葉を当てる。

 「へんなかんじ」では、自由な発想で工夫を凝らして創作する楽しさと、ほかの人が書いた漢字の意図を読み取るクイズの楽しさを、両方味わえる。また、難読漢字のクイズは知識がないと解けないが、創作漢字は知識がなくても解けるので、子どもから大人まで誰でも楽しむことができる。

 全員の発表後に、もっとも「良い感じの漢字」を決めるので、いかに素敵な漢字を生み出せるかも大切なポイントとなる。商品には、くり返し書いて消せるマーカーとボード付きで、すぐに遊ぶことができるが、紙と筆記具があればリモートで遊ぶことも可能。オンラインでの交流にも役立てることができる。

◆へんなかんじ
発売日:2021年1月28日(木)
価格:1,800円(税別)
販売場所:全国の書店・玩具店・雑貨店
対象年齢:10歳以上
対象人数:2~4名(紙と筆記具があれば5名以上のプレイも可)
プレイ時間:約15分
セット内容:お題カード54枚、特殊カード6枚、ミニホワイトボード4枚、ホワイトボードマーカー4本、説明書

《森井ゆか》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集