空にかざすと星座や天文現象を案内するアプリ「星空ナビ」

 天文関連プロダクツの開発会社であるアストロアーツは、新しいモバイル向け星空アプリ「星空ナビ」のAndroid版をGoogle Playで正式リリースした。先行してリリースされているiOS版とあわせ、iOSとAndroidの両プラットフォームに対応する。

趣味・娯楽 小学生
星空ナビ
星空ナビ 全 2 枚 拡大写真
 天文関連プロダクツの開発会社であるアストロアーツは、新しいモバイル向け星空アプリ「星空ナビ」のAndroid版をGoogle Playで正式リリースした。先行してリリースされているiOS版とあわせ、iOSとAndroidの両プラットフォームに対応する。

 モバイルアプリ「星空ナビ」は、空にかざすだけで星座や惑星がすぐにわかるというもの。「あの星なあに?」機能では、向けた方向の星座や星の名前とともに、簡単な解説も見ることができる。また、天体だけにとどまらず、見ごろを迎える天文現象や最新天文ニュースも、星空の中に表示される。

 他にも、これから起こる天文現象や最新ニュースが一覧で表示される「星空だより」や、その日に見やすくなる惑星やお勧めの天体の見やすい時間帯を表示する「毎日の暦」等の機能がある。現象ガイドやニュースは「お気に入り」として登録してストックしておくこともでき、自分が見た天体をメモとして記録できる観察日記機能もある。

 モバイルアプリ「星空ナビ」は基本無料だが、翌々月以降の現象カレンダーや「アストロガイド」のプラネタリウム動画等、一部機能は有料。有料サブスクリプションは月額150円、年額1,500円。初めて月額プランを登録する際は、1か月間を無料トライアルとして試すことができる。

《海野由宇》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集