【高校受験2021】埼玉県公立高の志願状況(2/16時点)大宮(理数)2.68倍

 埼玉県教育委員会は2021年2月16日、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜の志願者数(志願変更前)を発表した。全日制の普通・専門・総合学科の合計で、入学許可予定者数3万6,040人に対し、志願者数は3万9,475人で、倍率は1.10倍だった。

教育・受験 中学生
令和3年度埼玉県公立高等学校における入学志願者数
令和3年度埼玉県公立高等学校における入学志願者数 全 10 枚 拡大写真
 埼玉県教育委員会は2021年2月16日、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜の志願者数(志願変更前)を発表した。全日制の普通・専門・総合学科の合計で、入学許可予定者数3万6,040人に対し、志願者数は3万9,475人で、倍率は1.10倍だった。

 2021年度埼玉県公立高等学校入学者選抜は、2月15日と16日に一般募集の入学願書を受け付けた。全日制の普通・専門・総合学科合計の募集人員3万6,280人のうち、入学許可予定者数は3万6,040人、志願者数は3万9,475人で、倍率は1.10倍となった。倍率はそれぞれ、全日制普通科が1.14倍、農業科が0.95倍、工業科が0.91倍、外国語科が1.20倍、理数科が1.93倍など。

 全日制課程におけるおもな高校の倍率は、大宮(普通)1.57倍、県立浦和(普通)1.43倍、市立浦和(普通)1.99倍、浦和第一女子(普通)1.46倍、川越(普通)1.37倍、春日部(普通)1.28倍、越谷北(普通)1.34倍、松山(理数)1.78倍、所沢北(普通)1.43倍、所沢北(理数)1.80倍、熊谷(普通)1.00倍、川越女子(普通)1.30倍、不動岡(普通)1.33倍など。最高倍率は大宮(理数)の2.68倍だった。

 埼玉県公立高等学校入学者選抜は今後、2月18日と19日に志願先変更を受け付け、2月26日に学力検査、3月1日に芸術系学科などの実技検査や一部の学校で面接を実施し、3月8日に入学許可候補者発表を行う。

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集