Google、学びの可能性を広げる教育機関向け新機能を発表

 Googleは2021年2月18日、「Google Workspace for Education」を発表した。利用可能なエディションを4つへと拡大。柔軟性とシンプルな使いやすさを柱に、2021年内にさまざまな新機能が追加される予定だ。

教育ICT 先生
エディションの比較
エディションの比較 全 1 枚 拡大写真
 Googleは2021年2月18日、「Google Workspace for Education」を発表した。利用可能なエディションを4つへと拡大。柔軟性とシンプルな使いやすさを柱に、2021年内にさまざまな新機能が追加される予定だ。

 Google Workspace for Educationは、Google Classroom、Google Meet、Gmail、カレンダー、ドキュメントなど教育現場でのコミュニケーションとコラボレーションに適した統合ソリューション。幼稚園から大学院まで、世界中の教育機関のニーズを満たすために、利用可能なエディションをこれまでの2つから、「Google Workspace for Education Fundamentals」「Education Standard 」「Teaching and Learning Upgrade (教員アカウント向け)」「Education Plus(旧称 G Suite Enterprise for Education)」の4つへと拡大する。

リシードで全文を読む

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集