アカウントとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 アカウントとは【ひとことで言うと】「ネットで使うIDとパスワードのセット。管理をキチンとすることが重要」

教育ICT 先生
アカウントとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
アカウントとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】 全 1 枚 拡大写真
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆アカウントとは


【読み】アカウント
【表記】Account、アカ、ID(identification)
【分類】ソフトウェア/インターネット
【ひとことで言うと】
「ネットで使うIDとパスワードのセット。管理をキチンとすることが重要」
【解説】
 インターネットサービスでは、各個人を識別するために、「ログイン」のステップが必要なものが多い。その際、まず「ID」と「パスワード」を決めるが、そのほかに「ニックネーム」を決める場合もあるし、「本名」や「住所」「電話番号」などの個人情報の登録が必要な場合もある。さらには「秘密の質問(とその回答)」で、万が一の際の再設定に備えるサービスも多い。

 こうした情報、すべてをひっくるめたものが「アカウント」だ(とくにIDだけを指して、アカウントと呼ぶこともある)。

 もともと英語の「Account」の意味は、「銀行口座」のこと。ID=口座番号、パスワード=暗証番号、ニックネーム=口座名義人、といった関係で、これらをワンセットで「アカウント」として認識しておこう。アカウント情報が第三者に知られてしまうと、悪用される可能性があるので、管理は厳重に行ってほしい。

 略称で「アカ」「垢」と呼ばれることも多く、ネットスラングには「本アカ(メインで利用するアカウント)」「捨てアカ(一時的に利用する、使い捨てのアカウント)」などがある。

【関連用語】個人情報、ログイン、パスワード
【最終更新日】2016年4月8日

《冨岡晶》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集