トビタテ!留学JAPAN日本代表、第14期に973人応募

 文部科学省と日本学生支援機構は2021年3月18日、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」の第14期応募状況を発表した。採用予定400人に対して大学生など973人が応募した。

教育・受験 大学生
トビタテ!留学JAPAN
トビタテ!留学JAPAN 全 2 枚 拡大写真
 文部科学省と日本学生支援機構は2021年3月18日、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」の第14期応募状況を発表した。採用予定400人に対して大学生など973人が応募した。

 トビタテ!留学JAPANは、官民協働のもと社会総がかりで取り組む留学促進キャンペーン。グローバル人材の育成のために民間企業からの寄附金によって、官民が協力して運営している。意欲と能力あるすべての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年10月より開始した。

 2021年度第14期は、大学生などを対象としたプログラムで、186校から973人が応募した。各コースの応募状況は、「理系、複合・融合系人材コース(未来テクノロジー人材枠含む)」が採用予定180人に対して330人、「新興国コース」が採用予定60人のところ104人、「世界トップレベル大学等コース」が採用予定80人のところ122人、「多様性人材コース」が採用予定80人のところ417人が応募した。

 今後は、4月下旬に書面審査の結果を通知、5月中旬に東京で面接審査を行う予定。状況によってはオンラインでの実施となる可能性もある。採否通知は6月中旬に届く。採用者を対象とした留学計画は、8月10日から2022年3月31日までの間に開始され、留学期間は28日以上1年以内(3か月以上推奨)となる。

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集