全国小学生プログラミング大会、エントリー受付開始

 ジュニアプログラミング推進機構が主催する小学生向けプログラミング大会「ゼロワングランドスラム」は、2021年3月22日よりエントリー受付を開始した。小学館など「ゼロワングランドスラム実行委員会」が運営を行う。Web予選は5月7日より。

教育イベント 小学生
全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」
全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」 全 2 枚 拡大写真
 ジュニアプログラミング推進機構が主催する小学生向けプログラミング大会「ゼロワングランドスラム」は、2021年3月22日よりエントリー受付を開始した。小学館など「ゼロワングランドスラム実行委員会」が運営を行う。Web予選は5月7日より。

 2021年から新たに始まるゼロワングランドスラムは、小学生のためのプログラミング大会。プログラミングの知識だけでなく、チームワークや創造する力を活用して、競技形式で日本一を目指す。

 「小学一年生」「コロコロコミック」など、多くの子ども向けコンテンツを抱える小学館は、ゼロワングランドスラムのコンセプトに共鳴し、小学館集英社プロダクション、テレビ東京、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとともに、「ゼロワングランドスラム実行委員会」を結成し、大会運営を担う。小学生向けエンターテインメント分野で実績のある企業の力を結集させ、プログラミングを学ぶ子どもたちの目標となるような大会を目指すという。

 3月22日に公式Webサイトがオープン。エントリー受付を開始した。参加費は無料。Web予選開催期間は5月7日から23日まで。Web予選の成績優秀者30名が、6月に開催される東西ブロック大会に進むことができる。西日本ブロック大会は6月13日に大阪府堺市で、東日本ブロック大会は6月20日に埼玉県越谷市で行われる。

 ブロック大会では、3名1組のチームを編成し、力をあわせて「Scratch」「マインクラフト」などのプログラミングソフトを使った競技に挑戦する。各ブロック大会の上位2チーム、計4チームによる決勝大会は7月17日に東京都豊島区で開催。初代チャンピオンとなるチームを決定する。また、決勝大会のようすはテレビ東京系「おはスタ」でリポートされる。

◆全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」
エントリー開始:2021年3月22日(月)
エントリー方法:公式Webサイトにて受け付けている
Web予選開催期間:2021年5月7日(金)~23日(日)
ブロック大会開催日:
・西日本ブロック大会/2021年6月13日(日)大阪府堺市にて
・東日本ブロック大会/2021年6月20日(日)埼玉県越谷市にて
決勝大会開催日:2021年7月17日(土)東京都豊島区にて
参加費:無料

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集