就活生が選ぶ就職注目企業、東大・京大ともに1位だった企業は?

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは2021年3月23日、「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング(大学別編)」を発表した。東京大学・京都大学の1位はいずれも「野村総合研究所」であった。

教育・受験 大学生
就職注目企業ランキング(東京大学、京都大学)
就職注目企業ランキング(東京大学、京都大学) 全 2 枚 拡大写真
 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは2021年3月23日、「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング(大学別編)」を発表した。東京大学・京都大学の1位はいずれも「野村総合研究所」であった。

 「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング(大学別編)」は、2022年卒のOpenWork学生ユーザーがどんな企業に注目し、企業研究を始めているかを調査し、まとめたもの。OpenWorkに登録している22年卒学生ユーザーは、2021年3月7日時点で13万7,092人。このうち、東京大学2,656人、京都大学1,762人、早稲田大学5,272人、慶應義塾大学4,453人、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)1万2,450人の注目企業をランキング化した。

 東京大学と京都大学の学生が注目する企業は、いずれも「野村総合研究所」が1位。東京大学は、2位「アクセンチュア」、3位「ソニー」、4位「三菱商事」、5位「野村証券」、6位「三井不動産」、7位「エヌ・ティ・ティ・データ」、8位「PwCコンサルティング」、9位「三菱地所」、10位「日立製作所」。京都大学は、2位「関西電力」、3位「ソニー」、4位「アクセンチュア」、5位「エヌ・ティ・ティ・データ」「東海旅客鉄道(JR東海)」「旭化成」、8位「トヨタ自動車」「富士フィルム」、10位「三井住友銀行」「AGC」「大阪ガス」。

 早稲田大学と慶應義塾大学の学生が注目する企業は、1位「アクセンチュア」、2位「野村総合研究所」、3位「エヌ・ティ・ティ・データ」、4位「ソニー」、5位「三菱商事」、6位「東京海上日動火災保険」、7位「三井住友銀行」、8位「三井不動産」、9位「電通」、10位「三菱UFJ銀行」「楽天」「日立製作所」であった。

 MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)の学生が注目する企業は、1位「エヌ・ティ・ティ・データ」、2位「SCSK」、3位「楽天」、4位「アクセンチュア」「オープンハウス」、6位「富士通」、7位「大塚商会」、8位「ニトリ」、9位「Sky」、10位「野村総合研究所」。

 「働きがい研究所 by OpenWork」では、各ランキングの上位20社まで掲載している。

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集