都教委「特別支援教室の運営ガイドライン」作成

 東京都教育委員会は2021年3月25日、発達障害のある子どもへの支援のさらなる充実を図るため、特別支援教室の導入ガイドラインを改訂し、「特別支援教室の運営ガイドライン」を作成したことを発表した。

生活・健康 小学生
公立小・中学校の特別支援教室に係るガイドラインの改訂について(概要)
公立小・中学校の特別支援教室に係るガイドラインの改訂について(概要) 全 1 枚 拡大写真
 東京都教育委員会は2021年3月25日、発達障害のある子どもへの支援のさらなる充実を図るため、特別支援教室の導入ガイドラインを改訂し、「特別支援教室の運営ガイドライン」を作成したことを発表した。

 東京都教育委員会では、発達障害のある児童・生徒が在籍校で特別の指導を受けることができるよう、公立小・中学校に特別支援教室の導入を進めてきた。小学校においては、2016年度から導入を開始し、2018年度に全校への導入が完了した。また、中学校においても2018年度以降、準備の整った区市町村から順次導入し、2021年4月に全校への導入が完了する。

リシードで全文を読む

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集