中高生の学術研究コミュニティー「研究部」発足…角川ドワンゴ学園

 角川ドワンゴ学園は2021年4月、学園の内外を問わず学術研究を志す中高生が世界中から参加できるコミュニティーとして、「研究部」を新たに発足する。生徒を広く募るため、4月18日にオンラインで募集説明会と特別座談会を開催する。

教育・受験 中学生
研究部
研究部 全 2 枚 拡大写真
 角川ドワンゴ学園は2021年4月、学園の内外を問わず学術研究を志す中高生が世界中から参加できるコミュニティーとして、「研究部」を新たに発足する。生徒を広く募るため、4月18日にオンラインで募集説明会と特別座談会を開催する。

 研究部は、さまざまな学術領域で専門的な学修や研究活動を行っている中高生が集い、広く研究に関する知見を深めることができるコミュニティー。一般的に学校の部活は学内に限ることが多いが、研究部は学校や地域の枠を越えて、学外からも広く参加することが可能。メンターによる研究サポートや研究発表会、専門家による講演イベントの実施など、オンライン・オフラインを通じて部員同士が交流できる場を提供していく。

 活動内容によっては研究資金の支援も予定。角川ドワンゴ学園では「学術研究を志す中高生が自らの研究をさらに発展させながら、仲間との出会いを通じて、互いに刺激しあえる場を創成していく」としている。

 研究部の対象となるのは、世界中の中高生。ただし、研究部所属には選考がある。応募の際は、必要に応じて在籍校の先生に相談し、学業や所属校の活動に支障がないことを確認してほしいという。

 中高生のほか、研究部にメンターとして協力できる大学生や院生、研究者も募集している。メンターは登録制。事前に登録した人の中から、生徒の研究領域にあった人に連絡し、雇用条件などを確認したうえで、メンターを依頼することになる。研究部に参加したい中高生やメンターは3月29日より募集を開始。Webの研究部エントリーフォーム、研究部メンター登録フォームより受け付けている。

 4月18日には、オンラインで募集説明会を開催。研究部の活動内容やスケジュール、募集要綱などについて説明する。また、研究部の発足を記念して、最前線で活躍する3名の研究者を登壇者に招いた特別座談会「いかにして人は研究者になるか」も同時開催する。募集説明会と特別座談会の模様は、YouTubeとニコニコ生放送で生配信。N高等学校やS高等学校、N中等部の生徒だけでなく、誰でも視聴できる。

◆「研究部」募集説明会&特別座談会「いかにして人は研究者になるか」
日時:2021年4月18日(日)15:00~17:30
視聴方法:YouTube、ニコニコ生放送
※誰でも視聴可能

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集