街角から伝統文化まで…VR旅行の先駆け「東京社会科見学VR」

 エーペックスインターナショナルは2021年3月25日、新たな旅のかたち“VR旅行”の先駆けとなる「東京社会科見学VR」を発売した。東京の見所や街散策、伝統文化まで、臨場感をもって東京を体感することができる。価格は1,650円(税込)から。

教育ICT 中学生
旅のしおり 表紙イメージ
旅のしおり 表紙イメージ 全 4 枚 拡大写真
 エーペックスインターナショナルは2021年3月25日、新たな旅のかたち“VR旅行”の先駆けとなる「東京社会科見学VR」を発売した。東京の見所や街散策、伝統文化まで、臨場感をもって東京を体感することができる。価格は1,650円(税込)から。

 新型コロナウイルス感染症により人の移動が制限され、世界中で「旅行」をすることが困難になっている中、時間や移動にとらわれない新しい「旅」の在り方に対する新たなニーズが高まっている。エーペックスインターナショナルはそうしたニーズを受け、東京都による「オンラインツアー造成支援補助金」を活用して「東京社会科見学VR」を企画・制作した。

 実際に東京に足を運ぶことのできない県外や国外の学生も東京都内各所を社会科見学として訪れることができ、VR映像を通してより臨場感をもって東京を体感することができる。収録コンテンツは、浅草、明治神宮、豊洲市場等、東京の見どころを見て回る「東京見所ツアーVR」の他、江戸切子や江戸前寿司等の東京の文化を訪れる「東京伝統文化ツアーVR」、都内の有名な街を散策する「東京街角VR」、東京をもっと深く知る「その他」の4つ。

 対象は12歳以上。PDF版または印刷版のいずれかの「旅のしおり」を購入し、記載されているQRコードを読み取るとYouTubeでVR動画が再生され、VRゴーグルとあわせることで臨場感のある映像を楽しむことができる。「旅のしおり」には社会科見学の日程や訪問先に関する解説文も掲載。映像と同時に活用することで、より社会科見学の要素を深める知識も提供する。

 東京社会科見学VRは、「旅のしおり」の他、VRゴーグルを持っていない人向けに簡易的な段ボール製のVRゴーグルがセットになったキットも用意。VR動画はiOS、Android共に視聴可能。いずれの端末を使用する場合もYouTubeのアプリをダウンロードすることを勧めている。エーペックスインターナショナルの専用Webサイト「vrabo!」から購入でき、利用方法など詳細も確認できる。

◆東京社会科見学VR
価格:
・個人ライセンス(PDF版)1,650円(税込)
・個人ライセンス(PDF版+VRゴーグル)2,750円(税込)
・個人ライセンス(印刷版)3,300円(税込)
・個人ライセンス(印刷版+VRゴーグル)4,400円(税込)
対象:12歳以上
プレイ人数:1名
必要機材:QRコード読み取りが可能なスマートフォン、スマートフォン装着型VRゴーグル
対応言語:日本語
販売先:エーペックスインターナショナル専用Webサイトvrabo!にて販売

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集