日本郵便「かもめ~る」発行終了、絵入りはがきを発売

 日本郵便は2021年3月29日、夏のおたより郵便はがき「かもめ~る」について2021年度以降発行しないことを発表した。暑中見舞いや残暑見舞いなど、夏のあいさつに使いやすいデザインの絵入りはがきを6月1日に発売する。

生活・健康 その他
郵便局
郵便局 全 2 枚 拡大写真
 日本郵便は2021年3月29日、夏のおたより郵便はがき「かもめ~る」について2021年度以降発行しないことを発表した。暑中見舞いや残暑見舞いなど、夏のあいさつに使いやすいデザインの絵入りはがきを6月1日に発売する。

 宛名の記載を省略したはがきを、顧客が指定した配達地域すべてに配達する「特定期間引受配達地域指定郵便」は現在、夏のおたより郵便はがき「かもめ~る」に限られている。しかし、顧客からはがきの種類や利用期間を拡大してほしいという要望があることや、「かもめ~る」の発行枚数が年々減少していることから、「特定期間引受配達地域指定郵便」に関する内国郵便約款を改正。6月1日から通年で利用できるサービスへと変更する。

 改正後、特定期間引受配達地域指定郵便は、日本郵便が発行する通常はがき(年賀はがきを除く)が取扱いの対象となる。差出期間は、1月15日から12月14日まで。なお、年賀はがきについては、配達地域指定年賀特別郵便(年賀タウンメール)を利用できる。

 これに伴い、「かもめ~る」は2021年度以降発行しない。日本郵便は6月1日、暑中見舞いや残暑見舞いなどに使える絵入りはがきを発売する。2021年のデザインは、通信面に「ひまわり」、宛名面に「ジンベエザメ」が描かれた、夏のあいさつに使いやすいデザイン。6月1日から2022年3月31日までの期間限定で、はがきのQRコードをスマートフォンで読み込むと楽しいコンテンツを見ることができる。

 価格は1枚63円。全国の郵便局や「郵便局のネットショップ」で購入できる。なお、2021年絵入りはがきに、くじは付いていない。

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集