教員不足解消へ、文科省が2021年度に全国実態調査

 文部科学省は2021年4月6日、新年度に担任教員が不足している実態を踏まえ、全国の自治体を対象に初めて、教員不足の実態を把握する調査を行う考えを示した。2021年度から少人数学級に向けた動きが始まる中、教員不足解消に向け、実態調査に着手する。

教育業界ニュース 文部科学省
文部科学省
文部科学省 全 1 枚 拡大写真
 文部科学省は2021年4月6日、新年度に担任教員が不足している実態を踏まえ、全国の自治体を対象に初めて、教員不足の実態を把握する調査を行う考えを示した。2021年度から少人数学級に向けた動きが始まる中、教員不足解消に向け、実態調査に着手する。

 4月6日の記者会見において、文部科学省の萩生田光一大臣が表明した。萩生田大臣によると、教員不足により、小学校では年度当初に学級担任が不足し、教頭など他の教員で対応する状況が生じている。このような状況を踏まえ、文部科学省は2021年度、教師不足に関する全国的な実態調査を実施する。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集