教育機関向け、ディープラーニング推奨アカデミックモデル発売

 アスクは2021年4月13日、日本HPが販売するワークステーションにプロフェッショナル用グラフィックボード「NVIDIA RTX A6000」を搭載し、教育機関向けアカデミックモデルのディープラーニング推奨ワークステーションとして販売を開始すると発表した。

教育業界ニュース 教育ICT
教育機関向けアカデミックモデルとなるディープラーニング推奨ワークステーション
教育機関向けアカデミックモデルとなるディープラーニング推奨ワークステーション 全 1 枚 拡大写真
 アスクは2021年4月13日、日本HPが販売するワークステーションにプロフェッショナル用グラフィックボード「NVIDIA RTX A6000」を搭載し、教育機関向けアカデミックモデルのディープラーニング推奨ワークステーションとして販売を開始すると発表した。

 日本HPのワークステーションは、13年連続国内シェア1位を達成しており、高性能に加え、安定性と高稼働率を実現。厳しい選択眼をもつプロフェッショナルユーザーから高い支持を得ている。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集