子供の近視、文科省が調査に着手…目の健康対策に反映

 1人1台端末環境下での学びが始まる中、文部科学省は2021年度、全国の学校で近視について9,000人規模の調査を初めて実施する。子供の視力は近年低下傾向にあり、学校のICT化やタブレット使用でさらに悪化することがないよう、調査結果などを踏まえて取組みを進めたい考え。

教育業界ニュース 文部科学省
画像はイメージ
画像はイメージ 全 1 枚 拡大写真
 1人1台端末環境下での学びが始まる中、文部科学省は2021年度、全国の学校で近視について9,000人規模の調査を初めて実施する。子供の視力は近年低下傾向にあり、学校のICT化やタブレット使用でさらに悪化することがないよう、調査結果などを踏まえて取組みを進めたい考え。

 文部科学省の2019年度学校保健統計調査によると、裸眼視力1.0未満の児童生徒は増加傾向にあり、小学校34.57%、中学校57.47%、高校67.64%と、いずれも過去最多となっている。なお、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、年度前半に健康診断を実施できなかった学校が多数あり、十分なデータが回収できなかったため、視力に関するデータなどは公表されていない。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集