「JQA地球環境世界児童画コンテスト」5/31まで作品募集

 日本品質保証機構(JQA)と国際認証機関ネットワーク(IQNet)が主催する「JQA地球環境世界児童画コンテスト」は、2021年5月31日まで応募作品を募集している。対象は小中学生。ゴールデンウィークのおうち時間に取り組んでほしいと呼びかけている。

趣味・娯楽 小学生
過去の作品(Han Hsu Myat Noe 15歳/ミャンマー)
過去の作品(Han Hsu Myat Noe 15歳/ミャンマー) 全 3 枚 拡大写真
 日本品質保証機構(JQA)と国際認証機関ネットワーク(IQNet)が主催する「JQA地球環境世界児童画コンテスト」は、2021年5月31日まで応募作品を募集している。対象は小中学生。ゴールデンウィークのおうち時間に取り組んでほしいと呼びかけている。

 「JQA地球環境世界児童画コンテスト」は、JQAとIQNetが1999年から毎年開催している国際的な児童絵画コンテスト。子供たちに絵を描くことを通じて環境問題について考える機会を提供することを目的としており、作品を募集するだけでなく、国内の美術館等で展示会を開催し、多くの人たちに子供たちの地球環境へのメッセージを伝えている。2020年に実施した第20回コンテストには、88の国・地域から1万2,984点もの作品が寄せられた。

 第21回のテーマは「2030年の地球」。未来を担う子供たちの豊かな観察力で地球へのメッセージをのびのびと描いた作品を広く募集する。作品の用紙サイズはB4版または八ツ切りの画用紙。画材は水彩、パステル等自由に使用可。コロナ禍でおうち時間が長くなるゴールデンウィークに取り組んでみてほしいとしている。

 応募締切後、6月上旬の第1次審査、7月上旬の最終審査を経て、8月上旬にはWebサイトで入賞者を発表予定。最優秀賞1名の他、国内から特別賞5名、入選20名、海外から特別賞7名、入選40名が選ばれる。なお、応募者全員に参加賞も用意されており、12月上旬より順次発送される予定。

 また、現在は「フラワーパークかごしま」「高知県立のいち動物公園」にてコンテストの受賞作品の展示会を開催中。今後は、京都府「福知山市児童科学館」、千葉県「NAAアートギャラリー(成田空港内)」、熊本県「荒尾総合文化センター」等での展示会を予定している。展示会のスケジュールや入場料についてはWebサイトで確認のこと。

◆第21回 JQA地球環境世界児童画コンテスト
テーマ:2030年の地球
応募規定:B4版(257ミリ×364ミリ)または八ツ切りの画用紙
画材:水彩、パステル等自由
対象:小学生・中学生
応募方法:Webサイトから応募申込票をダウンロードして貼り付け、郵送で応募する
応募締切:2021年5月31日(月)当日消印有効

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集