JST「グローバルサイエンスキャンパス」名大・神戸大を採択

 科学技術振興機構(JST)は2021年4月30日、「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」の2021年度(令和3年度)採択機関を発表した。3件の応募機関から、名古屋大学と神戸大学の企画を採択した。支援期間は最大4年間。2021年度の実施機関は、14機関になる。

教育業界ニュース その他
グローバルサイエンスキャンパス(イメージ)
グローバルサイエンスキャンパス(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
 科学技術振興機構(JST)は2021年4月30日、「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」の2021年度(令和3年度)採択機関を発表した。3件の応募機関から、名古屋大学と神戸大学の企画を採択した。支援期間は最大4年間。2021年度の実施機関は、14機関になる。

 「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」は、将来グローバルに活躍し得る傑出した科学技術人材を育成することを目的とした事業。地域で卓越した意欲・能力をもつ高校生等を募集・選抜し、国際的な活動を含む高度で体系的な理数教育プログラムを開発・実施する機関の企画を支援する。実施にあたっては、都道府県や政令指定都市の教育委員会等と連携し、地域の才能育成拠点としてコンソーシアム(推進協議会)を組織して地域ぐるみで生徒の才能育成に取り組む。支援期間は最大4年間。支援金額(上限)は1年あたり3,000万円。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集