神戸市「こども・若者ケアラー」相談・支援窓口…6/1設置

 兵庫県神戸市は2021年6月1日、社会問題化する通称「ヤングケアラー」の支援に向けたプロジェクトの一環として、20代も含めた「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を設置する。当事者だけでなく、関係者からの相談を受け付ける。

生活・健康 その他
ヤングケアラーとは (c) 一般社団法人日本ケアラー連盟/illustration:Izumi Shiga
ヤングケアラーとは (c) 一般社団法人日本ケアラー連盟/illustration:Izumi Shiga 全 2 枚 拡大写真
 兵庫県神戸市は2021年6月1日、社会問題化する通称「ヤングケアラー」の支援に向けたプロジェクトの一環として、20代も含めた「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を設置する。当事者だけでなく、関係者からの相談を受け付ける。

 「こども・若者ケアラー」とは、障害や病気のある家族、幼いきょうだい等、ケアを必要とする人がいるために、本来大人が担うと想定されているような家事や家族の世話等を日常的に行っている子供や若者のこと。ヤングケアラーは一般的に18歳未満の児童を指すが、神戸市では20代も含めて「こども・若者ケアラー」と呼んでいる。

 6月1日に設置される「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口では、当事者や関係者からの相談を受け付け、ケースに応じた支援へとつなげていく。この他、介護保険サービスや障害福祉サービス等の公的サービスの活用に向けた調整、家族に対するアプローチ、学校等における見守り等を行う。年度後半には、ケアラー同士の交流・情報交換のための居場所づくりも予定している。

 場所は神戸市総合福祉センター1階。受付時間は平日の午前9時から午後5時(祝日・年末年始除く)。相談は電話、Eメールでも受け付ける。

◆「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口
開設日:2021年6月1日(火)
受付時間:平日9:00~17:00(祝日・年末年始除く)
場所:神戸市総合福祉センター1階(兵庫県神戸市中央区橘通3丁目4-1)
対象:こども・若者ケアラー当事者および関係者
※相談は電話、Eメールでも受け付ける

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集