【中学受験】週刊東洋経済「中高一貫vs.大学付属」5/24発売

 東京経済新報社は2021年5月24日、週刊東洋経済の5月29日号を発売する。「中高一貫vs.大学付属」と題し、中高一貫の進学校と付属校それぞれのメリットを特集している。定価は730円(税込)。

教育・受験 保護者
週刊東洋経済 2021年5月29日号
週刊東洋経済 2021年5月29日号 全 2 枚 拡大写真
 東京経済新報社は2021年5月24日、週刊東洋経済の5月29日号を発売する。「中高一貫vs.大学付属」と題し、中高一貫の進学校と付属校それぞれのメリットを特集している。定価は730円(税込)。

 週刊東洋経済の5月29日号の特集は「中高一貫vs.大学付属」。話題の学校のルポと最新データによるランキングを軸に、中高一貫の進学校と付属校それぞれのメリットを徹底比較している。

 最新の合格実績から分析した東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・奈良の6年間で伸びる進学校ランキングや、内部進学率でみる有力大学へ行きやすい付属校、偏差値と進学実績からみる大学付属よりお得な進学校ランキング等も紹介。大学付属よりお得な進学校ランキングでは、「早慶付属よりお得な50校」「GMARCH付属よりお得な100校」「関関同立付属よりお得な50校」等を掲載している。

 さらに、矢野耕平氏、安浪京子氏による「中学受験の達人に聞く 親子での乗り越え方」、教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏による「進学校、付属校選びの結論」といった記事も読むことができる。

 定価は730円(税込)。全国の書店やAmazon、楽天ブックスなどから購入できる。

◆週刊東洋経済 2021年5月29日号
発売日:2021年5月24日(月)
出版社:東洋経済新報社
定価:730円(税込)

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集