京大、奨学金採用前に貸与…早期にお金が必要な学生支援

 京都大学は2021年5月24日、日本学生支援機構の奨学金申込者で、早期にお金が必要となった学生へ、採用前でも学生が希望する第二種奨学金を貸与することを公表した。

生活・健康 大学生
日本学生支援機構第二種奨学金 大学による奨学金相当額の採用前貸与について
日本学生支援機構第二種奨学金 大学による奨学金相当額の採用前貸与について 全 2 枚 拡大写真
 京都大学は2021年5月24日、日本学生支援機構の第二種奨学金申込者で、早期にお金が必要となった学生へ、採用前でも奨学金1か月相当分を貸与することを公表した。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による、学生への支援策として実施する。日本学生支援機構の2021年度(令和3年度)在学定期採用(一次)において、第二種奨学金(入学時特別増額貸与奨学金は対象外)に申し込む者を対象とし、同奨学金の採用前に、学生が希望する第二種奨学金の1か月分相当額を貸与する。

 対象者の具体例として、4月に日本学生支援機構第二種奨学金を申請し、当初6月採用予定であったが、書類不備のため採用月が7月予定にずれ込むこととなった。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、収入が減少したため早期にお金が必要となった等。

 提出期限は奨学金採用月が2021年7月の場合は6月24日、8月の場合は7月23日。奨学金の採用後に、当該金額を日本学生支援機構が大学に振り込むことで清算する。なお、第二種奨学金に採用されなかった場合等においては、大学が指定している期日までに、採用前貸与を受けた額を返済する必要がある。提出書類や留意事項はWebサイトで確認できる。

 また、早期にまとまったお金が必要となった日本学生支援機構貸与奨学生への支援策として、7月の貸与奨学金振込日(2021年7月9日)に8月および9月分が振り込まれる貸与奨学金の期日前交付が日本学生支援機構により実施される。対象者はすでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている人で、大学への提出書類の期限は6月8日午後5時までとなっている(郵送の場合は6月7日午後5時必着)。詳細はWebサイトに掲載している。

《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集