埼玉県立高校教員が免許失効により失職…有効期限を誤認

 埼玉県教育委員会は2021年6月2日、西部地区の県立高等学校の教諭が教員免許状の有効期限を誤認し、申請期限までに免許更新の手続きを行わなかったため、3月31日をもって教員免許状が失効し、同日にさかのぼって失職となったことを発表した。

教育・受験 先生
埼玉県
埼玉県 全 1 枚 拡大写真
 埼玉県教育委員会は2021年6月2日、西部地区の県立高等学校の教諭が教員免許状の有効期限を誤認し、申請期限までに免許更新の手続きを行わなかったため、3月31日をもって教員免許状が失効し、同日にさかのぼって失職となったことを発表した。

 発表によると、当該元教諭が5月中旬に更新講習の受講申込手続きを進める中で、2020年度に配布を受けた所有免許状に関する資料に記載されている、自身の教員免許状の有効期限が2021年3月31日となっていることに気付き発覚。当該元教諭は免許状の有効期限を2022年3月31日と誤認していたという。

リシードで全文を読む

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集