NEC×あしなが育英会、奨学金検索システム「Canpass」提供

 NECは2021年6月11日、あしなが育英会と連携し、全国の大学や自治体、法人等から提供される奨学金情報を横断的に検索可能なシステム「Canpass」を開発し、5月から稼働を開始したと発表した。学生ニーズにマッチした情報を提供することで、教育格差の改善に貢献する。

教育・受験 大学生
奨学金検索システム「Canpass」検索画面
奨学金検索システム「Canpass」検索画面 全 3 枚 拡大写真
 日本電気(NEC)は2021年6月11日、あしなが育英会と連携し、全国の大学や自治体、法人等から提供される奨学金情報を横断的に検索可能なシステム「Canpass」を開発し、5月から稼働を開始したと発表した。独自に収集した奨学金情報から、学生ひとりひとりの多様なニーズにマッチした情報を提供することで、教育格差の改善に貢献する。

 奨学金制度は日本全国の大学・自治体・社団法人・財団法人等、さまざまな機関によって運用されているが、その数は膨大で、学生それぞれに必要な情報が届きにくいという課題があった。

 そこで、教育のデジタル化に取り組むNECは、奨学金事業に長年取り組み遺児等の教育支援・心のケアを行うあしなが育英会と連携。複数機関の奨学金情報を横断的かつ簡単に検索できる「Canpass」を開発した。システムとその名前には「どんな環境でも、高校生が進学できる(Can)と思える奨学金(Pass)と出会える機会を増やしたい」という願いが込められている。

 「Canpass」では、これまで数多くの学生を支援してきた実績をもつあしなが育英会が中心となり、奨学金団体等にデータ提供の声かけを行うことで、1万件以上の充実したデータベースを構築。検索の際に提供主の種類・所在地・専攻・支給額・給付の形態等を選択することで、自身にマッチした奨学金情報を見つけることができる。

 システムの提供にあたっては、現役の高校生・専門学校生・大学生による機能レビューも実施。学生にとって使いやすいUI(ユーザーインターフェース)を追求している。今後、さらなる奨学金情報の拡充とともに、奨学金制度だけではない進学に役に立つ機能追加等を予定している。

 あしなが育英会専務理事の岡崎祐吉氏は「さまざまな奨学金を横断的かつ簡単に検索できるCanpassによって、遺児高校生だけではなく、すべての高校生が自分にあった『進学できる(Can)』『奨学金(Pass)』を見つけることが可能になり、進学への意欲を失うことなく、教育の機会が広がることを期待しています」とコメントしている。

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集