国立科学博物館、地域振興のための巡回展キット開発…貸出開始

 国立科学博物館は、収蔵庫で保管されている標本を活用し、地域振興を目的とした新たな巡回展キット「WHO ARE WE 観察と発見の生物学」を開発した。全国のさまざまな施設を対象に展示キットの貸出を開始する。

教育・受験 その他
巡回展キットのイメージ
巡回展キットのイメージ 全 1 枚 拡大写真
 国立科学博物館は、収蔵庫で保管されている標本を活用し、地域振興を目的とした新たな巡回展キット「WHO ARE WE 観察と発見の生物学」を開発した。全国のさまざまな施設を対象に展示キットの貸出を開始する。

 「WHO ARE WE 観察と発見の生物学」は、国立科学博物館の収蔵庫で保管されている普段は公開されていない標本資料を活用した展示キット。完成されている展示キットを貸し出すことができるので、科学系博物館だけではなく全国の美術館や商業施設等、さまざまな施設で巡回展の開催が可能。全国の施設で来場者が標本資料に触れ、驚きや発見を体験する機会を創出する。

リシードで全文を読む

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集