【夏休み2021】小中高大生向け「昆虫食」特別オンライン授業8/16

 国際機関日本アセアンセンターは2021年8月16日、昆虫食に興味がある小中高大生向けの夏休み特別オンライン授業「もっと教えて、佐伯真二郎先生!423種類の虫を食べた昆虫食専門家が、ラオスからみなさんの質問にお答えします!」を開催する。参加無料。事前申込制。

教育イベント 小学生
夏休み特別オンライン授業「もっと教えて、佐伯真二郎先生!423種類の虫を食べた昆虫食専門家が、ラオスからみなさんの質問にお答えします!」
夏休み特別オンライン授業「もっと教えて、佐伯真二郎先生!423種類の虫を食べた昆虫食専門家が、ラオスからみなさんの質問にお答えします!」 全 2 枚 拡大写真
 国際機関日本アセアンセンターは2021年8月16日、昆虫食に興味がある小中高大生向けの夏休み特別オンライン授業「もっと教えて、佐伯真二郎先生!423種類の虫を食べた昆虫食専門家が、ラオスからみなさんの質問にお答えします!」を開催する。参加無料。事前申込制。

 SDGsの観点からも近年、世界中で注目を集めている昆虫食。国際機関日本アセアンセンター(東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター )では、国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業「ラオス農村部住民の食糧事情向上を目指した昆虫養殖技術開発事業」のプロジェクトマネージャー兼昆虫専門家としてラオスで活動している佐伯真二郎氏を講師に迎え、小中高大生向けの夏休み特別オンライン授業を企画した。

 当日は、第1部「先生のラオスでの生活を見せて!」、第2部「先生、教えて!質問タイム」で構成。第1部では、ラオスの新型コロナウイルス感染症の感染状況や対策、コロナ禍における昆虫養殖のプロジェクトの進行状況、コロナ前後の生活の変化等について話す。ラオスの昆虫、養殖している昆虫、ラオスでの暮らし等についても紹介する。第2部では、昆虫食等に関する質問に佐伯氏が答える。

 国際機関日本アセアンセンターは、2020年12月にも佐伯氏を講師に迎え、ASEAN諸国の「昆虫食」をSDGs・昆虫食ビジネス・国際協力の切り口から学ぶ特別授業を行っている。センターYouTubeチャンネルでは、授業動画「世界が追いかけ始めた東南アジアの昆虫食」を公開しており、予習としても活用できる。

 参加無料。事前申込制。センターWebサイトのGoogleフォームよりより申し込む。特別オンライン授業は、ZoomおよびYouTubeストリーミングより配信する。

◆夏休み特別オンライン授業「もっと教えて、佐伯真二郎先生!423種類の虫を食べた昆虫食専門家が、ラオスからみなさんの質問にお答えします!」
日時:2021年8月16日(月)15:00~16:00
配信方法:ZoomおよびYouTubeストリーミング配信
対象:昆虫食に興味がある小学生・中学生・高校生・大学生
参加費:無料
申込方法:Googleフォームより

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集