沖縄県、感染症対策で8/31まで分散登校…部活動も原則休止

 沖縄県教育委員会は2021年8月18日、2学期始業時の新型コロナウイルス感染症対策のため、全県立学校で8月23日~31日は分散登校を実施すると公表した。部活動についても、原則休止としている。

生活・健康 小学生
沖縄県教育委員会
沖縄県教育委員会 全 2 枚 拡大写真
 沖縄県教育委員会は2021年8月18日、2学期始業時の新型コロナウイルス感染症対策のため、全県立学校で8月23日~31日は分散登校を実施すると公表した。部活動についても、原則休止としている。

 沖縄県は現在、緊急事態宣言中。県教育委員会は、新型コロナウイルス感染症は感染力の強い変異株の影響で急激に拡大しており、医療提供体制のひっ迫や児童生徒等の新規感染者が著しく増加する等危機的な感染状況となっていることから、2学期始業時の分散登校を実施する。

 分散登校期間は8月23日~31日で、対象は原則、全県立学校。分散登校期間の授業の実施方法は、最終学年以外の児童生徒は、5割減を目途に分散登校を実施する。なお、時差登校との組み合わせも可とする。最終学年の生徒は、進路決定に向けた大切な時期であり、学びの保障が極めて重要であることから、万全な感染症対策を講じたうえで、原則、通常登校とする。

 分散登校により登校しない日の自宅学習については、オンラインによる学習支援を行う。また、濃厚接触者や感染不安等、やむを得ず登校できない児童生徒に対してもオンラインによる学習支援に努める。

 校内での学校行事等のうち、体育祭等感染リスクの高い活動については、延期または縮小する。期間中における保護者等を招いての行事等はオンライン等を活用。なお、進路に係る面談等、緊急性が高く保護者側にオンライン環境が整っていない場合等については、感染症対策を徹底することに加え、あらかじめ面談等の趣旨や緊急性等について丁寧に説明し、理解を得たうえで実施する。

 また、部活動についても8月31日まで原則休止。期間中の練習試合や合同練習は行わない。ただし、九州・全国へ派遣されるチームおよび個人の練習については、学校長の許可のもと、2時間以内、必要最小限の人数にて行うことができる。大会およびコンクール等に参加するチームおよび個人については、各団体の感染症対策ガイドラインに則り、十分な連携のもと慎重に検討し、学校長の判断で参加する。Webサイトでは注意事項をまとめている。

《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集