コロナ対応ガイドライン策定、休校の判断等…文科省

 文部科学省は2021年8月27日、学校で児童生徒や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインを策定し、全国の教育委員会等に通知した。学級内で感染が広がっている可能性が高い場合は、5~7日程度を目安に学級閉鎖を実施するとした。

教育業界ニュース 文部科学省
児童生徒等または教職員の感染が判明した場合のフロー
児童生徒等または教職員の感染が判明した場合のフロー 全 1 枚 拡大写真
 文部科学省は2021年8月27日、学校で児童生徒や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインを策定し、全国の教育委員会等に通知した。学級内で感染が広がっている可能性が高い場合は、5~7日程度を目安に学級閉鎖を実施するとした。

 「学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドライン」は、特に緊急事態宣言対象地域等に指定された状況下では、保健所の業務のひっ迫により濃厚接触者の特定等の調査に遅延の恐れがあることから、学校における濃厚接触者等の特定や臨時休業の判断等にあたっての考え方を取りまとめたもの。文部科学省は8月27日に全国の学校設置者に通知し、地域の感染状況等に応じた対応の参考にしてほしいとしている。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集