名車・希少車・珍車400台「昭和レトロカー万博」11/21大阪

昭和レトロカー万博実行委員会は、11月21日に、大阪・舞洲スポーツアイランド「空の広場」特設イベント会場にて「昭和レトロカー万博2021」を開催する。

趣味・娯楽 その他
昭和レトロカー万博
昭和レトロカー万博 全 16 枚 拡大写真
昭和レトロカー万博実行委員会は、11月21日に、大阪・舞洲スポーツアイランド「空の広場」特設イベント会場にて「昭和レトロカー万博2021」を開催する。

昭和レトロカー万博2021は、往年の名車・希少な絶版車両など約400台が一堂に会する、関西最大級のレトロカーイベント。普段はなかなか見ることのできないマニアックな特殊車両や働くクルマも展示され、大人から子どもまで家族連れで楽しめるイベントとなっている。

四輪車両展示エリアでは、1985年以前に生産された貴重なレトロカーたちが勢揃いする「昭和レトロカーエリア」と、1986年以降に生産された稀少珍車が集まる「マニアックカーエリア」を用意。さらに「超マニアックな車両展示エリア」も設定する。

超マニアックな車両展示エリアでは、新車未登録の日産『グロリア2600GX KH230型(1974年式)』をはじめ、トヨタ『パブリカ700 デラックス トヨグライド(1964年式)』、米国車のテイストを取り入れた新感覚個性派、トヨタ『スタウト(1967年式)』、生産販売台数3台の超希少車、ワイ・エム・モービルメイツ『ami(アミ)(1998年式)』といった国産クラシック車両が登場。輸入クラシック車両では、ラリーのためだけに造られたスーパースポーツカー、ランチア『ストラトス(1974年式)』や、旧東ドイツの象徴となる大衆車両『トラバント』などが並ぶ。さらに、丸屋根・前窓2枚平ガラス・涙目2灯が魅力のいすゞ『ディーゼルトラックTX552(1962年式)』や、国内唯一のナンバー付きの第二次大戦ハーフトラック、インターナショナル・ハーベスタ『M9A1 ハーフトラック(1943年式)』など、トラックや軍用車といった迫力のある車両を楽しめる。

ステージでは、希少なクルマの数々を取り扱うBHオークション主催の「昭和レトロカー万博オークション」も開催。当日会場に来られない人もスマホのアプリを介してオークションに参加し、入札・落札できる。さらにレストア名人たちによる実演技術デモンストレーションコーナーを用意するほか、フリーマーケット&企業ブースも多数出店。レトロカーの販売はもちろん、カー用品、アクセサリー、部品、ケミカル、絶版パーツ、ミニカー、ステッカー、雑誌、カタログなど買い物も存分に楽しめる。

入場料は中学生以上1800円(場内で利用できる300円分の金券付き)。前売券は1500円でローソンチケット、セブンチケット、チケットぴあ、イープラスにて発売中。

昭和レトロカー万博、名車・希少車・珍車400台 11月21日、大阪に集結

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集