【高校受験2023】愛知県公立高、学力検査はマークシート方式に

 愛知県教育委員会は2021年11月17日、令和5年度(2023年度)入試から一般選抜の学力検査はマークシート方式になることを発表。新しい入試制度について、現行からの変更点をまとめたパンフレットを愛知県Webサイトにて公開している。

教育・受験 中学生
変更のポイント
変更のポイント 全 2 枚 拡大写真
 愛知県教育委員会は2021年11月17日、令和5年度(2023年度)入試から一般選抜の学力検査はマークシート方式になることを発表。新しい入試制度について、現行からの変更点をまとめたパンフレットを愛知県Webサイトにて公開している。

 一般選抜の学力検査は、第1志望校のみで受検することとして回数を2回から1回に減らす。2校に志願した場合は、学力検査の成績を第1志望校と第2志望校の両方で用いて校内順位を決定する。

 また、全校で同一の採点基準とするため、学力検査の解答用紙をマークシートにする。面接を実施するかどうかは、高校ごとに決定する。合格者発表は、現行よりも約10日早め、3月上旬に行う。

 推薦選抜は現行よりも約1か月早め、2月上旬に実施する。推薦選抜では学力検査を行わず、中学校から提出された推薦書と調査書、面接の結果等の資料により、総合的に判定して合格者を決定する。

 また、高校や学科の特色を生かした「特色選抜」が導入される。実施校と検査の内容、定員枠は、2022年4月ごろに公表予定。

 愛知県教育委員会は、新しい入試制度について周知するため、パンフレット「令和5(2023)年度入試から公立高校の入試制度(全日制課程)が変わります!」を作成。愛知県Webサイトにて公開している。

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集