ノーベル賞受賞の白川氏登壇、東工大公開レクチャー1/22

 東京工業大学は2022年1月22日、未来を担っていく中学生・高校生をメインターゲットとした公開レクチャー「第5回Gateway to Science」をオンラインにて開催する。参加無料・事前申込制。

教育イベント 中学生
第5回Gateway to Science
第5回Gateway to Science 全 2 枚 拡大写真
 東京工業大学は2022年1月22日、未来を担っていく中学生・高校生をメインターゲットとした公開レクチャー「第5回Gateway to Science」をオンラインにて開催する。参加無料・事前申込制。

 「中高生のための東工大Gateway to Science」は、面白い科学技術を見聞きすることで、若者が大きな夢をもち科学者や技術者を目指すきっかけにしてほしいという思いを込めて開催される公開レクチャー。第5回となる今回は、「プラスチックに電気が通った日~ノーベル賞の発見はいかにして生まれたのか~」をテーマに開催する。

 講師を務めるのは、プラスチックに導電性を持たせることに成功し、2000年にノーベル化学賞を受賞した筑波大名誉教授の白川英樹氏。簡単な実験を通し、発見に至る経緯や、学問や自然への姿勢等について語るという。

 参加無料。申込みは、Googleフォームにて受け付けている。定員は1,000名。

◆第5回Gateway to Science「プラスチックに電気が通った日~ノーベル賞の発見はいかにして生まれたのか~」
日時:2022年1月22日(土)15:00~17:00
対象:高校生・中学生・小学校高学年およびその保護者
定員:1,000名
申込み:Googleフォームにて申し込む

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集