映画「ガンダム ククルス・ドアンの島」22年初夏公開

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が、2022年初夏に公開決定。あわせてティザービジュアルと特報映像が公開となった。

趣味・娯楽 その他
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ティザービジュアル(C)創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ティザービジュアル(C)創通・サンライズ 全 2 枚 拡大写真

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が、2022年初夏に公開決定。あわせて主人公アムロ・レイの搭乗機“RX78-02 ガンダム”が描かれたティザービジュアルと特報映像が公開となった。

このたび、『機動戦士ガンダムlll めぐりあい宇宙』の劇場公開からおよそ40年の時を経て、ガンダムとアムロの物語が映画化される。
主人公のアムロ・レイと敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて戦争の哀愁が描かれ、ファンの間では名作として知られる『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。劇場版3部作でも描かれることのなかった伝説のエピソードと共にスクリーンで蘇ることとなった。

監督は、TVシリーズのキャラクターデザイン・アニメーションディレクターであり、累計発行部数1,000万部を超えるヒット作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を手掛けた安彦良和。RX-78-02 ガンダムとアムロの物語、そして最新のアニメーションで描かれる大迫力なモビルスーツ戦に期待が高まる。

安彦監督自らが描き下ろしたビジュアルでは、主人公アムロ・レイの搭乗機“RX78-02 ガンダム”と、“ザク”の姿が収められた。アムロの何かを訴えかけるような瞳、そして静かなる戦いの始まりを予感させる緊拍感が印象的だ。

あわせて、RX-78-02 ガンダムが、あの名シーンを彷彿とさせる“大地に立つ”様子が描かれた特報映像も公開。そして、輸送機ガンペリーが物語の舞台となる島の上空を飛行するシーンも。この島で何が起きたのか? ガンダムが再び大地に立つ圧巻の映像に仕上がっている。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は2022年初夏公開予定。現在鋭意製作中とのことで、続報を楽しみに待ちたい。

【スタッフ】
企画・製作:サンライズ
原作:矢立 肇 富野 由悠季
監督:安彦 良和
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利
美術監督:金子 雄司 色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
CGI 演出:森田 修平
CGI 監督:安部 保仁
編集:新居 和弘
音響監督:藤野 貞義
音楽:服部 隆之

(C)創通・サンライズ

映画「ガンダム ククルス・ドアンの島」22年初夏公開へ!アムロ、RX-78-02 ガンダムの物語が蘇る

《スーサイド・モモ》

この記事の写真

/

特集