【中学受験2022】都立中高一貫校、オミクロン株感染拡大で「特例による検査」実施

 東京都教育長は2022年1月21日、2022年度東京都立中等教育学校および東京都立中学校入学者決定における特例の措置について公表した。コロナ陽性者や濃厚接触者の急増を受け、2月3日の一般枠募集の検査日に受検できなかった者等を対象に「特例による検査」を行う。

教育・受験 小学生
都立中高一貫教育校
都立中高一貫教育校 全 2 枚 拡大写真
 東京都教育長は2022年1月21日、2022年度(令和4年度)東京都立中等教育学校および東京都立中学校入学者決定における特例の措置について公表した。コロナ陽性者や濃厚接触者の急増を受け、2月3日の一般枠募集の検査日に受検できなかった者等を対象に、2月25日に「特例による検査」を実施する。

 東京都では1月21日から2月13日までを期間とするまん延防止等重点措置が適用されており、かつてないスピードでオミクロン株による新型コロナウイルス感染症への感染が拡大している。これまで以上に強い感染力で誰もが感染するリスクがある中、今後、陽性者や濃厚接触者が急増し、東京都立中等教育学校および東京都立中学校の入学者決定(一般枠募集)の2月3日の検査日に受検できない者が多数生じる可能性が懸念されることから、東京都教育庁は、一般枠募集において、特例措置として「特例による検査」を実施することを決定した。

 応募資格は、一般枠募集の検査日当日(2月3日)に新型コロナウイルス感染症の感染者等であったために出願した都立中学校を受検することができなかった者のうち、特例による検査の措置を申請し、当該都立中学校長から承認を得た者。検査は個人面接にて実施する。

 募集人員は、2021年10月14日発表の「令和4年度東京都立高等学校等の第一学年生徒の募集人員等について」に加えて定めるものとし、特例による検査の措置申請を行う者が生じた学校において、規定の算定方法を用いて学校ごとに算出する。

 出願は2月18日の午前9時から午後3時にかけて受付、検査日は2月25日、合格者の発表は2月28日に実施。合格者の発表は、各都立中学校Webサイトに掲載する。

《畑山望》

この記事の写真

/

特集