「バーチャル恐竜博物館」始動、オンライン講座1/30

 バーチャル恐竜博物館は、海外の博物館と連携し、デジタルデータを活用したオンライン講座を実施。第1弾として、2022年1月30日に中国地質大学(北京)のシン・リーター准教授と、群馬県立自然史博物館の真鍋真特別館長らによるオンライン講座を開催する。

教育イベント 大学生
バーチャル恐竜博物館
バーチャル恐竜博物館 全 3 枚 拡大写真
 バーチャル恐竜博物館は、海外の博物館と連携した国際交流を促進するため、デジタルデータを活用したオンライン講座を実施。第1弾として、2022年1月30日に中国地質大学(北京)のシン・リーター准教授と、群馬県立自然史博物館の真鍋真特別館長らによるオンライン講座 「化石と旅する世界 -中国と日本をつなぐ-」を開催する。

 バーチャル恐竜博物館は、古生物化石のデジタルアーカイブデータを充実させ、インターネットを通じて国際間で共有することで、国境を越えた博物館と連携し国際交流を促進する事業を実施する。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、以前よりも国と国との間での移動が困難になり、国際的な展覧会の開催もハードルが高くなっている。また、世界的に化石の発掘・調査研究までもが著しく減速している。バーチャル恐竜博物館では、デジタルテクノロジーを駆使した展覧会を実施する他、国内外の講師によるオンライン講座を行うことで、リモート教育の充実も推進する。

 バーチャルで得た知識をリアルで確認し、リアルで芽生えた疑問をバーチャルで解決するといった学習のスパイラル効果の実現や、デジタルアーカイブデータの活用により、かつて陸続きであった世界が進化で繋がっていること等を紹介していく。

◆オンライン講座 「化石と旅する世界 -中国と日本をつなぐ-」
日時:2022年1月30日(日)19:00~19:45予定
会場:オンライン
参加費:無料
視聴方法:バーチャル恐竜博物館Webサイトより視聴する 2022年1月30日(日)18:00~OPEN

《木村 薫》

この記事の写真

/

特集