【高校受験2022】神奈川県公立高校共通選抜2次募集の志願倍率、菅(普通)1.17倍等

 神奈川県教育委員会は2022年3月4日、2022年度(令和4年度)神奈川県公立高等学校入学者選抜共通選抜等の2次募集志願者数の集計結果を発表した。 2次募集は全日制36校、定時制5校。全日制普通科では募集定員336人に対して志願者数73人、志願倍率は0.22倍となった。

教育・受験 中学生
志願の状況
志願の状況 全 4 枚 拡大写真
 神奈川県教育委員会は2022年3月4日、2022年度(令和4年度)神奈川県公立高等学校入学者選抜共通選抜等の2次募集志願者数の集計結果を発表した。 2次募集は全日制36校、定時制5校。全日制普通科では募集定員336人に対して志願者数73人、志願倍率は0.22倍であった。

 共通選抜2次募集・インクルーシブ教育実践推進校特別募集2次募集は、全日制36校、定時制5校、インクルーシブ教育実践推進校特別募集12校で3月4日まで出願を受け付けた。

 3月4日時点の志願者は、全日制が募集人員1,521人に対し、志願者数206人、志願倍率は0.14倍。定時制は、募集人員304人に対し、志願者数59人、志願倍率は0.19倍。インクルーシブ教育実践推進校特別募集は、募集人員92人に対し、志願者数1人、志願倍率は0.01倍であった。

 学科別では、全日制普通科が0.22倍、 全日制普通科クリエイティブスクールが0.08倍、全日制専門学科が0.08倍。単位制普通科は0.27倍、単位制総合学科が0.13倍、単位制専門学科が0.14倍。定時制では、普通科0.07倍、単位制普通科は0.23倍、単位制総合学科は0.28倍。

 全日制の各校の志願倍率は、保土ケ谷(普通)1.25倍がもっとも高く、ついで菅(普通)1.17倍。その他、永谷(普通)0.14倍、寒川(普通)0.36倍、二宮(普通)0.33倍、大和東(普通科クリエイティブスクール)0.69倍、商工(総合ビジネス)0.71倍等。

 定時制では、横浜明朋(単位制普通科午前部)0.43倍がもっとも高く、ついで相模向陽館(単位制普通科午後部)0.24倍。その他、川崎市立川崎(普通科昼間部)が0.07倍、横浜総合(単位制総合学科III部)が0.28倍等。インクルーシブ教育実践推進校特別募集は、上矢部(普通)に志願者が1人のみで、倍率は0.06倍。

 今後、3月8日まで志願変更を受け付け、3月10日に面接・学力検査等を実施する。合格発表は3月16日。

《川端珠紀》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集