カタリバ「全国高校生マイプロジェクトアワード」観覧者募集

 カタリバは2024年3月23日と24日、高校生がマイプロジェクトの成果を発表する「全国高校生マイプロジェクトアワード」をオンラインにて開催する。それにあたり、観覧の申込受付を開始した。参加費無料。途中入退室可。

教育イベント 高校生
全国高校生マイプロジェクトアワード
全国高校生マイプロジェクトアワード 全 2 枚 拡大写真

 カタリバは2024年3月23日と24日、高校生がマイプロジェクトの成果を発表する「全国高校生マイプロジェクトアワード」をオンラインにて開催する。それにあたり、観覧の申込受付を開始した。参加費無料。途中入退室可。

 カタリバは、高校生が自ら問いを立て、課題を解決するプログラム「マイプロジェクト」の推進に取り組んでいる。マイプロジェクトとは、自ら問いを立て課題を解決するプロセスの中で、予測不可能な社会を生き抜く力を育む学びのあり方。プロセスを通して自分自身の興味関心を発見し、他者との協働、社会の価値発見・創造に向かう姿勢を育むという。

 カタリバは探究学習が必修化される前の2013年から、マイプロジェクトを日本全国の高校生に広げる取組みをスタート。活動の一環として開催する「全国高校生マイプロジェクトアワード」は、探究学習・マイプロジェクトを実践する全国の高校生が一堂に会し、活動の発表・参加者との対話を通して次の一歩を考える、日本最大級の「学びの祭典」。

 2023年度は、約2,600プロジェクト、7,000名がエントリーした。3月22日から24日に開催される全国Summitでは、6,826名の中から選ばれた48プロジェクトが「All Star Team」としてプロジェクトの軌跡と得た学びについて発表するという。

 今回は、視覚障害者の事故に課題感を感じ、AIを搭載したスマート盲導杖を開発したプロジェクトや、中学校在学時から校則に疑問を抱き、校則について社会全体で話しあい、主体的な選択ができる社会を目指し「全国校則一覧」というサイトを開設したプロジェクトなどが賞を受賞。自身の身の回りの関心から、社会課題を解決しようと試みる高校生たちの姿がみられたという。

 3月23日と24日に開催される「全国高校生マイプロジェクトアワード」では、マイプロジェクトに取り組む全国の高校生がその成果を発表する。当日は、高校生たちが実際に取り組んだプロジェクト発表の観覧に加え、スタッフとの懇親会など、交流できる機会も設けられているという。

 イベントの開催にあたり、オンライン観覧者を募集している。参加費無料。途中入退室可。全国Summit出場プロジェクト一覧やタイムラインは、Webサイトより確認できる。オンライン視聴の予約は、Webサイトより行う。

◆全国高校生マイプロジェクトアワード
日時:2024年3月23日(土)~24日(日)
視聴方法:Youtube Liveにて視聴
参加費:無料
予約方法:Webサイトより申し込む

《いろは》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集