文科省、幼児教育の「職」の魅力発信・向上事業…実施大学を公募

 文部科学省は、大学などを通じたキャリア形成支援について、幼児教育の「職」の魅力向上と人材確保の好循環を生み出すモデル創出事業の調査研究を実施している。2023年は千葉大学など8大学が行った事業をパンフレットにまとめた。2024年も事業を実施する大学を公募している。

教育業界ニュース 文部科学省
文科省、幼児教育の「職」の魅力発信・向上事業
文科省、幼児教育の「職」の魅力発信・向上事業 全 1 枚 拡大写真

 文部科学省は、大学などを通じたキャリア形成支援について、幼児教育の「職」の魅力向上と人材確保の好循環を生み出すモデル創出事業の調査研究を実施している。2023年は千葉大学など8大学が行った事業をパンフレットにまとめた。2024年も事業を実施する大学を公募している。

 幼稚園教諭などの人材については、養成校生の多くが他業種へ就職する、平均勤続年数が短い、離職者の再就職が少ないなど、人材の需要の高止まりに供給が追い付いていない状況にある。このような現状に対応するには、より多くの人材が幼児教育の道を志し、継続的に働き続けられる職場環境の中で資質能力の向上を図る機会を確保することが求められる。また、一度現場を離れた幼稚園教諭免許保有者が円滑に復職できるよう、総合的なキャリア形成支援も求められるという。

リシードで全文を読む

《木村 薫》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集