ソニー、ロボットトイ「toio」プレイグラウンド発売

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2024年5月9日、子供の創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」の専用コンテンツ「トイオ・プレイグラウンド ベーシック」「トイオ・プレイグラウンド アドバンス」を一般発売する。4月25日には、予約受付を開始した。

教育ICT 未就学児
トイオ・プレイグラウンド
トイオ・プレイグラウンド 全 3 枚 拡大写真

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2024年5月9日、子供の創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」の専用コンテンツ「トイオ・プレイグラウンド ベーシック」「トイオ・プレイグラウンド アドバンス」を一般発売する。4月25日には、予約受付を開始した。

 「トイオ・プレイグラウンド 」は、今までのtoio専用タイトルとは異なり、専用のカードと「toioコアキューブ」だけで遊ぶ新しい商品。コンソールやPC、タブレットを使わずに、すぐに遊ぶことができる。なお、キューブとキューブを充電するための「toioコアキューブ専用充電器」は別売りとなる。

 「トイオ・プレイグラウンド」では、専用のカードをキューブの通り道におくだけでプログラミングが完了。キューブがカードの指示を読み取り、絵柄の通りに動きを変えていく。カードに込められたひとつひとつの動きはとてもシンプルだが、組合せは無限。カードを置く位置をずらしたり、他のカードに交換したり、どこを変えたら何が変わるかを試行錯誤するため、自然に論理的思考が育まれるという。監修は東京学芸大こども未来研究所。公式サイトでは、収録されているすべてのカードの動きを動画で確認できる。

 バリエーションは、2種類。「ベーシック」は、幼児期から直感的にプログラミング体験を楽しめる。「アドバンス」は、幼児期の子供から小学生まで、楽しみながら「割り込み」や「関数化/反復」などのプログラミング的思考を学ぶことができる。「ベーシック」のカードはすべて「アドバンス」にも収録されており、幼児と小学生など年の離れた兄弟姉妹がいる場合は、「アドバンス」を選ぶと一緒に遊ぶことができる。

 「トイオ・プレイグラウンド ベーシック」は、3,278円(税込)。「トイオ・プレイグラウンド アドバンス」は、4,378円(税込)。5月9日に発売予定で、現在予約を受け付けている。ソニーストアのほかAmazonや楽天ブックスなど、各種ECサイトで予約・購入できる。

《いろは》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集