ローマ字の使用見直しへ、盛山文科相が諮問

 ローマ字の使用に関して、盛山正仁文部科学相は2024年5月14日、文化審議会の島谷弘幸会長に諮問文「これからの時代におけるローマ字使用の在り方について」を手交した。約70年ぶりに、ローマ字のつづり方を見直す。

教育業界ニュース 文部科学省
盛山正仁文部科学相から文化審議会の島谷弘幸会長へ諮問文を手交
盛山正仁文部科学相から文化審議会の島谷弘幸会長へ諮問文を手交 全 1 枚 拡大写真

 ローマ字の使用に関して、盛山正仁文部科学相は2024年5月14日、文化審議会の島谷弘幸会長に諮問文「これからの時代におけるローマ字使用の在り方について」を手交した。約70年ぶりに、ローマ字のつづり方を見直す。

 第24期文化審議会第2回総会が5月14日、文部科学省にて開催され(対面・オンライン・文化庁京都庁舎のハイブリッド形式)、盛山大臣はこれからの時代におけるローマ字使用の在り方について諮問した。

リシードで全文を読む

《川端珠紀》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集