プログラミングとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 プログラミングとは【ひとことで言うと】「プログラムを作ること。2020年以降は、小中高で必修科目になる見込み」

教育ICT 先生
文科省が配布している「プログラミング教育実践ガイド」の表紙
文科省が配布している「プログラミング教育実践ガイド」の表紙 全 2 枚 拡大写真
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆プログラミングとは


【読み】プログラミング
【表記】Programming、類語:コーディング
【分類】ソフトウェア/技術/制度/一般常識
【ひとことで言うと】
「プログラムを作ること。2020年以降は、小中高で必修科目になる見込み」
【解説】
 「プログラミング」は、文字どおりプログラムを作ることだ。パソコンを使ったプログラミングは、通常「C」「Visual Basic」「Java」「JavaScript」「Python」などの「プログラミング言語」を使い、英語のようなテキストを記述し、プログラムを作成する。完成したプログラムは「ソフトウェア」として、ハードウェア上で動作させることができる。

 画面上でパーツなどを動かし、それらをブロック玩具のように組み合わせて、プログラムを作る「ビジュアル プログラミング」も、低年齢層向けのICT教育用途で普及しつつある。

 もともとの「プログラム」(Program)=「式次第」の意味のとおり、プログラムは、ソフトウェアの動作の順番を、記述したものだ。基本的な動作は順番に実行されるが、さまざまな条件により分岐や繰返しを行う。この分岐や繰返しの内容を、論理的に組み上げた構造が「アルゴリズム」だ。アルゴリズムが間違っていれば、プログラムは正常に動作せず、いわゆる「バグ」(間違った個所)を抱えたソフトウェアになってしまう。

 プログラミングを学習することは、論理的な考え方を身に付けるとともに、ICTへの理解を深めるとして、近年特に注目を集めている。文部科学省では、「プログラミング教育実践ガイド」などの事例集を配布。一方、政府は、2016年5月に発表した「日本再興戦略2016」資料において、「2020年度以降、小・中・高でのプログラミング教育を必修化する」と言及している。

【関連用語】ビジュアルプログラミング、STEM
【最終更新日】2016年6月8日

《冨岡晶》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集