【中学受験の塾選び】サピックス小学部の特徴と費用、塾活用ポイント(2017年度版)

教育・受験 小学生

サピックス小学部(SAPIX)
サピックス小学部(SAPIX) 全 2 枚 拡大写真
 中学受験に向けた塾選びの参考として、大手人気塾5校(サピックス小学部・日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚・浜学園)の特徴や費用をまとめた。中学受験で成功するための塾選びと活用のポイントは、中学受験 個別指導のSS-1に聞いた。今回はサピックス小学部(SAPIX)について見ていこう。

◆指導の特徴

 講師と児童との討論式の授業を通して、思考力・記述力を伸ばすことを重視。家庭での学習においては、授業の復習をしっかりできるよう指導している。各校舎に在籍の児童が志望する学校に合わせ対策を立てており、個々の志望校によっては、学校別対策の授業を他の校舎で受講することもできる。

◆2020年の大学入試改革に向けた中学受験対策

 サピックスの授業はもともとが思考力・記述力を重視し、双方向型の対話形式の授業であり、現在議論の進んでいる大学入試改革の求める方向とマッチしている。

◆年間にかかる費用とカリキュラム

 1年生は約180,000円、2年生は約220,000円、3年生は約300,000円、4年生は約560,000円、5年生は約710,000円、6年生は約1,300,000円。なお、費用には、テスト費用、授業中に配付するテキスト・プリント等の教材費、冷暖房費等がすべて含まれる。他塾に比べやや高額だが、必要な費用はほぼ含まれオプション等の追加費用は少ない。

◆通塾の頻度と時間帯

 1~3年生は週1回、4年生は週2回、5年生は週3回、6年生前期は週3回、6年生後期は週4回。東京校の場合、1~3年生は平日もしくは土曜日を選択できる。

・1年生:平日16時~17時30分もしくは土曜日14時~15時30分
・2年生:平日16時20分~18時もしくは土曜日16時20分~18時
・3年生:平日16時30分~18時30分もしくは土曜日13時~15時
・4年生:17時~20時
・5年生:17時~20時
・6年生:平日17時~21時および土曜日14時~19時

◆塾選びと活用のポイント(SS-1自由が丘教室室長 中島恒彦先生)

 サピックスは、最難関校合格に向けた、カリキュラム、テキスト、志望校別の講座の質が4科目トータルで優れており、バランスが取れている。最難関校を目指す生徒が多く集まるため、トップレベルでの競争ができる。

 成績の競争が学習を進めるうえでプラスに作用するお子さんや、基本的な学習習慣がついているお子さんにサピックスが向いている。たとえば、算数は質・量が高度な分、算数を楽しめる子には合っているが、基本となる計算力が身に付いていないと、授業・宿題ともに苦労する。

 テキストやプリント類が多いため、どの教材をどのように進めていくかのスケジュール管理は保護者の役割となる。お子さんにとって、適切な内容や量を確認しながら進めていくサポートが必要になる。

 お子さんに合った問題量、質を見極めて、優先順位をつけて進められれば、適切に学力を伸ばしていける。塾で丸抱えというスタンスではないので、家庭でスケジューリングなどをして、お子さんの学習をサポートしながら進めていくとよいだろう。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集