中高生ビブリオバトルや作家講演「図書館と県民のつどい」埼玉12/17

教育イベント 高校生

図書館と県民のつどい埼玉2017
図書館と県民のつどい埼玉2017 全 2 枚 拡大写真
 桶川市民ホールとさいたま文学館では12月17日、図書館や読書に対する関心をより深めるきっかけとなるよう「図書館と県民のつどい埼玉2017」が開催される。作家の柚木麻子氏の講演や中高生によるビブリオバトル(知的書評合戦)を実施。一部イベントは事前申込みが必要。

 埼玉県図書館協会や埼玉県教育委員会などが主催する「図書館と県民のつどい埼玉」は2017年で11回目となる。

 当日は、「ランチのアッコちゃん」「ナイルパーチの女子会」などの著者である柚木麻子氏が記念講演を行う。

 柚木氏の講演のほか、「こども読書活動交流集会」として、学校図書館講座や科学読み物講座、読み聞かせ講座を行うほか、県内の中学生と高校生によるビブリオバトルを実施。「バトラー」と呼ばれる出演者がお勧めの本の魅力を5分で語り、観覧者の投票で一番読みたくなった本「チャンプ本」を決める。

 図書館の活動を紹介する展示も行い、「こどもひろば」では紙芝居や、牛乳パックを使った工作などを楽しむことができる。

 記念講演、こども読書活動交流集会各講座は事前申込みが必要で、10月19日から先着順で受け付ける。ビブリオバトルの観覧は当日先着順で定員200名、「こどもひろば」は申込み不要で参加できる。

【図書館と県民のつどい埼玉2017】
日時:平成29年12月17日(日)10:00~16:00
会場:桶川市市民ホール・さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)
入場料:無料
申込方法:記念講演(定員700名)、こども読書活動交流集会各講座(定員各講座30名)の参加申込みは、10月19日(木)~11月17日(金)までWebサイトの申込みフォームまたは往復はがきで先着順に受け付ける。

《勝田綾》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集