トビタテ!留学JAPAN、第9期派遣留学生500人募集…2018年3月2日まで

教育・受験 大学生

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム 全 3 枚 拡大写真
 日本学生支援機構は2017年12月7日、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第9期派遣留学生の募集を開始した。4コースで約500人募集する。募集締切りは2018年3月2日午後5時必着。

 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムは、民間企業などからの支援により、将来世界で活躍できるグローバル人材育成を目的とした留学促進キャンペーン。企業インターンシップや学生自らが立案したプロジェクトなど「実践活動」を焦点にした留学を推奨することにより、多様な経験と自ら考え行動できるような体験の機会を提供する。2013年6月14日に閣議決定した「日本再興戦略」に基づき、大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指す。

 募集対象は、日本の高等教育機関に在籍する日本人学生。支援内容は、海外留学費用(奨学金、留学準備金、授業料)の給付と、留学事前・事後に行う研修の提供、継続的な学習や交流の場としての留学生ネットワークの提供。奨学金は返済の必要がない。

 募集コースは、「理系、複合・融合系人材コース」「新興国コース」「世界トップレベル大学等コース」「多様性人材コース」「地域人材コース」の5コース。地域人材コースを除く4コースで計500人募集する。なお、地域人材コースは、対象となる学生の要件、留学プログラムの内容、募集・選考方法などは「地域事業」ごとに異なる。

 対象となる留学計画は、2018年8月11日~2019年3月31日までの間に開始され、留学期間が28日以上2年以内(3か月以上推奨)の計画。また、留学先における受入れ機関が存在している計画であること。

 日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生を対象とする「大学全国コース」と、日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を超える学生を対象とする「大学オープンコース」があり、コースによって奨学金額が異なる。家計基準を満たすか満たさないかは在籍大学に問い合わせのこと。

 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの詳細や募集要項、募集スケジュール、派遣留学生の要件などはWebサイトで確認できる。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集