【大学受験】英語民間試験の延期発表受けて…英検が各種試験見直し

 日本英語検定協会(英検協会)は2019年11月1日、文部科学省による英語民間試験活用の延期発表を受けて、「大学入試英語成績提供システム」にかかる英検協会の各種試験に関する対応を公表。すでに発表している会場等の2020年度の実施概要について、一旦見直すという。

教育・受験 高校生
日本英語検定協会(英検協会)
日本英語検定協会(英検協会) 全 2 枚 拡大写真
 日本英語検定協会(英検協会)は2019年11月1日、文部科学省による英語民間試験活用の延期発表を受けて、「大学入試英語成績提供システム」にかかる英検協会の各種試験に関する対応を公表。すでに発表している会場等の2020年度の実施概要について、一旦見直すという。

 文部科学省は11月1日付で、2020年度の大学入試における英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ることを発表した。経済的な状況や居住している地域にかかわらず、等しく安心して受けられるようにするためには、さらなる時間が必要との考えから決定。2024年度に実施する試験から導入することとし、今後1年を目途に検討、結論を出すという。

 英検協会は今回の決定を受けて、英検協会が実施運営する「英検2020 1 day S-CBT」「英検2020 2 days S-Interview」「英検CBT」「TEAP」「TEAP CBT」「IELTS」の各種試験において、すでに発表している会場等の2020年度の実施概要(2019年度例外措置含む)ならびに今後の対応について一旦見直し、再度案内するとした。

 英検協会では、まず文部科学省から延期の経緯と今後の方針などを聞き、詳細を協議しながら改めて諸々を決定する考えを示した。決定次第、速やかにWebサイトにて公表するという。

《黄金崎綾乃》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集