GIGAスクール構想とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 GIGAスクール構想とは、ひとことで言うと「児童生徒1人1台端末、および高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させる構想」

教育業界ニュース 教育ICT
GIGAスクール構想とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
GIGAスクール構想とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】 全 2 枚 拡大写真
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。わからない用語があったときに役立てていただきたい。

GIGAスクール構想とは



【読み】ぎがすくーるこうそう
【表記】GIGAスクール構想
【分類】制度
【ひとことで言うと】
「児童生徒1人1台端末、および高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させる構想」

【解説】
  日本国内の学校ICT環境の整備は遅れており、自治体間の格差も大きく、全国一律のICT環境整備が急務となっている。

 この課題に対して、2023年度までに義務教育段階にある生徒児童1人1台の情報端末、および高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備。さらに、クラウド活用推進、ICT機器の整備調達体制の構築、利活用優良事例の普及、利活用のPDCAサイクル徹底等を進めることで、多様な子どもたちを誰ひとり取り残すことのない、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させようというもの。

 文部科学省は2019年12月19日、文部科学大臣を本部長とする「GIGAスクール実現推進本部」を設置した。

 GIGAはGlobal and Innovation Gateway for ALLの略。

【関連用語】教育ICT
【最終更新日】2019年12月20日

《田村麻里子》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集